アイキララに効かない、効果なしという口コミがあるのはなぜ?

アイキララは加齢による目元痩せからくるクマを改善させる効果があるとして人気のアイショットクリームです。

 

モンドセレクション金賞や、有名コスメ口コミサイトで総合人気No.1にも輝いている大評判の化粧品なのですが、口コミの中には「効かない」「効果なし」というものも見られます。

 

では、実際にアイキララの効果はどうなのでしょうか。効き目はないのでしょうか。

 

まず、化粧品なのでその人の体質によってはお肌に合わないことや、効果を感じない人もいることは事実です。どの化粧品にも言えることですが、100%の人に効果をあらわす化粧品はありません。

 

また、効果を感じない人の中には元々の体質ではなく、使い方を間違っているがために得られるはずの効果を捨ててしまっている場合も少なくありません。

 

アイキララの場合は使用者の80%以上は高い効果を得ているという高い満足度があるため、正しい使い方をすればかなりの高い確率で効果を得られます。

 

アイキララの正しい使い方は、毎朝晩の1日2回、洗顔後の基礎化粧の一環で使います。化粧水の後、目の周囲に優しくなじませ、乳液やクリームをその後つけるだけです。このように非常にシンプルな使用方法となりますが、その順番を間違えていたり、どれか一つでも省いてしまうと効果は半減してしまいます。

 

また、効果を得るためには毎日継続して使用するということもとても大事なのですが、面倒なので1日ぐらいいいかと省いてしまったり、継続できないと効果は出づらくなります。

 

アイキララは早い人で2週間ほど、一般には1カ月以内には効果が出始めるといわれています。

 

しかし、20代と50代ではお肌が健康な20代の方が早く効果が出やすいという傾向もあり、年齢によっては使用期間が少し長めで効果が出るということもあります。すぐに効果が出ないからといって使用をやめるのではなく、最低でも1カ月は使ってじっくり様子を見る期間を設けることも大切です。

 

アイキララは効果ない?口コミ評判の真実をチェック!TOPへ